Feeds:
投稿
コメント

本番でした

一か月ぶりの本番でした。しかも野外演奏は苦手なブリリですが、会場の雰囲気も良く楽しく演奏出来ました。

 

私自身、20年ぶりくらいの会場でしたので、現場に到着するまで一度「確かここを曲がるのかな?」と思った所を通り過ぎてしまったために遭難しかけましたが、何とか到着。

 

演奏はいつもの定番曲集の中から普段よりも多くの作品を演奏しました。客層を配慮して日本の作品を多めにしました。一曲終わるごとに「疲れた~」を連発するオジサン達はちょっとイケませんな(笑)

自分の好きな事をしているのだから、もっともっと楽しんで疲れる事を喜ばないと行けません。だって、その後には美味しいお酒が待っているのですから(笑)。

 

演奏後は美味しい手作りのお蕎麦を堪能して下山。ホントに美味しかったです!また呼んで頂けると嬉しいですね。

 

今回はブリリスト4台の車で動いたため、なし崩し的に解散になりましたが、私は明るいうちから呑めるいい日だなと思っていたので、独り16時過ぎから【オリオン】さんで貸し切り飲み会を夫婦で始めました(笑)。

奥様はワタシを送ったついでに食べものを堪能して帰宅、交代でY越さんが入場し、遅れてT中お父さんもやって来ました。皆さんありがとうございます。

別会場では講習会慰労会のマエストロとUえ野先生、そしてコバリョーがいましたので、二次会は合体。「今日はちょっと控え目に飲むわ~」と言っていたT中お父さんも結局エンジン全開でいつもの風景へ。

素晴しい、これでこそお父さんです。

そして私は三次会としてマエストロと【フナエイ】でデザートを頂きました。

するとそこにフミエさんがいるではないか!夫は留守番ですね。こちらはもう酔っぱらってて何を話したか全然覚えていません。久々に飲みすぎました。

次回の出没はオクト-バーですかね。



 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


 

 

ブリリスト出没情報

5月3日の4年ぶり「ブリリ・ウィンド」本番を終えて少々燃え尽きぎみですが、これから本格的な本番シーズンに入ります。

 

まずは明後日、6月4日(日)です。

12時15分~一時間弱の演奏です。

会場は板倉区筒方小学校跡地にて。

「ふきんと祭り」のゲストです。

いつものように軽い作品を美しく奏でます。

 

ブリリ花見

あっと言う間に開花宣言後の満開で、週末には全て散ってしまうんじゃないかな~と心配していましたが、運よく善き日にあたりました。

昨年はちょっと寒かったですが、今回はとても暖かい、むしろ暑いくらいの時間の乾杯でした。

 

宴会場所は昨年やった所がナゼかメンバーのお気に入りになったので、今回もそこを目指して会場へ。

そして若干ズレましたが、ほぼ同じ場所をゲット。めでたく13時開宴となりました。

 

おつまみはもちろん会長自作の燻製シリーズです。これがあればもう他に何も要りません。あ、いや焼きぞば以外。

徐々にメンバーも集まり、遂にいつものオヤジの焼きそば店へGo。

時間が経過すると共にお店のヒミツが徐々に明らかになって行きます。

どうやら主人のあだ名は「ケンちゃん」らしい。ってことで「ケンちゃん焼きぞば」と命名されました。

作業工程やら謎の液体やらブリリストによって完全マークされています。何か動きがある度に敏感に反応するメンバーにとっては既に酒のつまみになっています。これが今年も場所をここにした理由なワケです(笑)。

 

夕方、眠気に負けて小休止。そして風によって散る桜がとても見事でした。

その後宴の締めはオリオンへ移動。T江さん、オリオン・デビューでした。


 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 


定期練習4/7

いよいよもって新年度です。最後に5人で練習したのは2月の頭の一回だけだったかな?今回はそれでも3人揃いました。

4月に入って照準はまず5月3日のフェスティバルです。

毎年恒例ですがブリリは演奏会終わりのお客様を見送る演奏です。足早に帰るお客様に音のシャワーを浴びせるオジサン達です。

慌ただしい時期なので先が読めないため、早速選曲を行いました。

久々に「営業セット」を広げました。12月以来です。

パラパラとページをめくりながら、あれやこれやとやりたい曲を指していきながら音出しをしました。

合計3曲ほど音出しをしてみましたが、久々にまともな練習をしたような感じで楽しかったです(笑)。

 

それとは別に4年ぶりのブリリ・ウィンド発動は結構な難産です。

最終的なメンバーがまだ決定していませんし、練習日は昨日ようやく決まり、昼間にシコシコと参加メンバーにメール配信したところです。

いろんな方々の協力を得て演奏できる事に感謝です。

意外なゲストも突然決まったりして、スケジュール合わせがとにかく大変でしたが、ようやく落ち着いた感じでホッとしています。

大学生たちとのコラボも全く予想が出来ませんが、楽しんでやりたいと思います。

 

先週末のブリリスト

年度末は死ぬほど忙しい働き盛りのブリリストなのに、音楽行事が目白押しでした。

筆者は19日、カイシャのイベントでユーフォを吹きちらかす。

翌日20日はブリリストの代表として独りでアライの地に乗り込み、第二組曲のソロを吹きちらかす(実はユーフォ人生30年以上になりますが、初めて本番で吹いた)。

 

孤独に耐え切れず、夜の部は一緒にステージに乗ったアヤノさんを誘い、更に何も関係のないU山氏とY越氏を呼び出して乾杯。4人同じハイペースで生ビヤーをカッポカッポ空にして、その都度「バッハ乾杯」。

「たまにはリーズナブルに飲もう」と宣言してフナエイに入ったのに、結局バブリーな会計となりました。

 

24日は本来翌日の某有名演奏会にゲストとして来越する著名なプレイヤーとの懇親会が設けられたのですが、こちらも前日リハーサルにつき、あえなくキャンセル。でも22時頃から「2次会」と称してY越妻とマエストロと乾杯。

25日はアライにて母校の演奏会のお手伝い。内容の濃い一日を過ごして前日会えなかったY越氏を呼び出し(有名な演奏会終わりに)、母校の本番に一緒に乗ったT中お父さんとU山氏と久々にブリリスト4名が集まり乾杯。

 

いやもうダメ人間の集まりだわ(笑)。

でも筆者にとっては一緒に楽しく飲めるのはブリリストくらいしかないからな~。助かります。

そんなこんなで4月からも宜しくお願い致します。

練習はどーした、練習は!(次回に続く)

DSC_1574

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1579

 

 

 

 

 

 

 

DSC_1580

定期練習3/10

先週の練習終了後はこんな感じでした。

 

K「これからナカマチにカミさんを迎えに行かねばならんので、【Oリオン】でノンアルしようかな」

T「おこづかいがないから行けないな~」

Y「めちゃ行きたいけど独りで呑むのは申し訳ないです」

K「じゃあU氏を呼び出そう!」

 

小一時間後

 

U「仕事が片付いて、今【Oリオン】に到着しました!ブリリストがいません!でもタツッがいた!」

K「思ったより早く迎えの催促が来たので帰りました」

結局Y氏も立ち寄らずにご帰宅でしたので、U山氏は独りでワインを飲む(店長談)事になりました。

 

そんな事もあり、今回は意思を固く持って挑むブリリストでありました!

今回もまた「おこずかいがない。明日朝5時起きだから~」と渋るTおじいさんを強引に連れ出して終結。

最近、練習後は「Oリオン・タイム」と呼ばれています。

酒に溺れるおじさん達の図、これぞ大人のたしなみ(と言い聞かせてます)。

そうそう、たまには隣の【Wのき】にも顔を出さないと!

 

はい、その前の練習もちゃんとやってますよ!

課題作品のクレスポも1.ラグタイム、5.メヒコの歌だけは順調に仕上がりつつあります。拙のスライドワークが見物な作品です。音も高い!

定期練習3/3とカレー

3月に入っても依然として働き盛りのブリリストは忙しいです。

あ、筆者は毎日テキトーに働いているので大丈夫です(笑)。

 

この日はマジメにトロンボーンの練習をしました。久しぶりに息を入れたので、なかなか反応してくれません。浮気しててゴメンナサイ。

筆者はロングトーン派ではないので、「リップスラー」を中音から下降し、その後上昇してハイDまで。その後は「レガートタンギング」を高音から低音へ。その中で口輪筋を状態をチェックしながら足りないエクササイズを補います。

そして少し休憩(これが大事)してから、徹底的にスケール練習です。更に「インターバル」とかやるといいんでしょうが、いつも面倒くさくてやらないで終わります。う~ん、そろっと必要だな。

 

そんな事をしているとT中お父さんがマツモトから到着。

せっかくなので今年のブリリ課題曲の「アメリカ組曲」を開始。でも1曲目でタイムアップ。

滑り込みでY越氏が来たので、「そろっとオリオンタイムですよ~」といまだ働いているU山氏に打電するも返答がなく、あえなく解散。私が飲めたら行ったのにな~。運転手だったので残念。

 

 

さて、翌日の午前中はT中お父さんとともにアライの怪物の下へ。

学生達とも約1年ぶりの再会ですが、ユーフォは新顔でしたので挨拶もそこそこに練習参加。女子とは違って男子への指導は厳しいのです。はい「S」が出ます(笑)。

練習終了後はもちろん高校時代に通いまくった【ブレーメン】さんへ。いつもの「カレー」800円を食べながら他に客がいないことをイイコトに怪しい会話を展開するオジサンたちでした。

1488685809738

 

 

 

 

 

 

1488685801860

 

 

 

 

 

 

1488685793288